松元ヒロ ソロライブ

松元ヒロ まつもとひろ

1952 年、鹿児島県生まれ。コメディアン、パントマイマー。法政大学法学部を

卒業後、パントマイマーとなり全国を巡業する。コミックバンド「笑パーティー」、

コントグループ「ザ・ニュースペーパー」を経てピン芸人として独立。ニュースに

合わせて即興でパントマイムをつける「マイムニュース」、自らを日本国憲法に

見立てた一人芝居 「憲法くん」 など、 風刺をきかせた独自パフォーマンスを

確立し熱狂的なファンに支持されている。 談志が好んでソロライブに足を運び、

「談志が最も愛した芸人」と呼ばれる(「最も」は私自身が加えたと、松元の談)。

 

■ひとり芝居『憲法くん』をご存知ですか?

日本国憲法施行から50 年目にあたる1997 年の初演以来、松元ヒロさんが機会があるごとに

演じているのが「憲法くん」です。それはこんなひとり語りから始まります―。

姓は「日本国」名は「憲法」、「日本国憲法」です。

すこし、とっつきにくい名前ですね。

だから、ともだちみたいに「憲法くん」とよんでください。

みなさんのおかげで、わたし、七十歳になりました。

むかしの七十歳とはちがって、ごらんのとおり元気です。

ピンピンしています。

へんなうわさを耳にしたんですけど、ほんとうですか。

わたしがリストラされるかもしれない、というはなし。

わたし、憲法くんが、いなくな(絵本『憲法くん』講談社より) ってもいい、ということなのでしょうか。