癒しの花だより NO.13

カルガモと愛宕公園

 

38.0℃などと恐ろしい気温が表示されましたが、お元気ですか?

今日は、少し涼しげな市内の愛宕公園(埼玉でも珍しい日本庭園)の池とカルガモの写真を紹介します(^-^)

 

市民会館から愛宕公園へ降りていくと、カルガモがたくさん泳いだり散歩していました(^3^)

和名「カルガモ」英名「spot-billed-duck」

カモ目 カモ科 マガモ属

中国、日本、アムール地方、朝鮮半島に生息。

日本では北海道では夏鳥、本州以南では周年(留鳥)生息する。

マガモよりやや体重が軽く、それが名前の由来になったという説や、万葉集に歌われた「軽ヶ池」に夏期も見られたカモであったことに由来するという説がある。

全長50~60㎝、翼長オス25~27㎝、メス24~26㎝。黒褐色。くちばしの先が黄色い。日本に30種程いるカモはほとんどが冬鳥で、春夏に日本にいて繁殖するのはカルガモだけ!オスメス同色で、秋冬もオスが地味なのはカルガモだけ!繁殖期日本に他のカモがいなくて、派手になる必要が無かった為かと思われるそうです!?

くちばし意外にカルガモを見分けるには、腰の部分に見える白い三角模様がポイントだそうです!

渡りをせずにいつも身近にいるカルガモ!

複数の車両が同様に走行する様子を「カルガモ走行」といわれたり、また親子が引っ越しするかわいい姿に各地の人々が癒されている!

お盆のこの時期、コロナ禍の中、生き物への慈しみを感じながら入間市の愛宕公園でも出会えます!(^-^)(8/14 ドリームランド 春日)


毎週土曜日8:35~8:55

「みんなでわいわい」

FM茶笛放送中

JCBAインターネットサイマルラジオで聴けます

NPO法人あそびあーとこども劇場いるま

事務局:埼玉県入間市豊岡3-7-14 川村荘3号

TEL/FAX:04-2962-7719

asobiart@yahoo.co.jp

(月・火・水・金 10:00~17:00)



舞台芸術作品ガイド・子どもと文化全国フォーラムYouTubeチャンネル